2005年09月30日

メジャーネタですが・・・その2

現在のリューズガードが装備されたスピマスプロの原型は
既に40年あまり前の1963年までさかのぼります。
その後1968年に機械がCal.321からCal.861へと載せ換えられ、
文字板のプリント書体が微妙に変わったり、色々なブレスが装着されたりしましたが、
面構えは今も昔も変わりなく、そのデザインの完成度の高さを再認識させられますね(^^)

でも雑誌やネットでの2D画像ではなかなか解りづらいのが年代によるケース形状変化。
OLDケースの肉感的造形美が、現行モデルには無い荒々しさと美しさを持っているのは
やはり実物を見て、触ってみないと解らないですからね(^^)

今回はOLDケースと現行ケースの代表的な差異をご紹介します。



上の画像は現行のケース、下の画像が1990年代前半まで使われていたOLDケース。
特に大きな違いが、そのケースの美しさの際たる部分であるツイスティーなラグ形状です。
OLDケースは複雑なカーブの複合で成形されているのが解ると思います。

現行モデルのスピマスプロを愛用している方も、機会がありましたら
一度ショップなどでそのOLDケースの醍醐味を手にとって確認してみることを
お奨めしますv(^o^)v


ojarumaru99 at 22:11│TrackBack(1)clip!スピマス雑学 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. OMEGA(オメガ)のスピードマスタープロフェッショナル  [ tastesdiffer. ]   2005年12月12日 13:20
愛用品です。昨日に引き続き時計ネタです。これは私が使っているオメガのスピードマスタープロフェッショナルです。スピードマスターに関しては説明不要やと思いますが念のため。スピードマスターは唯一NASAに認められた公式時計で月に行った時計ムーンウォッチとして有名...