最近、といっても3ヶ月くらい前ですがこんな付録付き雑誌を買いました。



このところ書店などでもいくつもの付録付き雑誌を目にしますね。
子供時代を学研の「科学と学習」や「電子ブロック」にときめいた学研世代のオヤジたちの
心をくすぐる雑誌ですね。う〜ん、商売うまいなー。私もまんまと買わされてしまいました。

今回購入した「大人の科学マガジンVol.8」ももちろんその学研(Gakken=学習研究社)
発行の物で、付録が「棒テンプ式機械時計」なんです。
スピマス野郎の方でも購入された学研世代オヤジがいるのでは・・・(^^)



画像の様にプラスチック製ですが歯車や色々なパーツがバラバラ状態で付属していて、
組み立て方法や使い方の解り易い説明書も付いているんです。
購入から既に3ヶ月あまりですが、・・・まだ作ってません(^^;
と言うか忙しくて買った事を忘れてました(笑)

本書の方も機械式時計の構造解説や歴史、SEIKO社の工場レポートなどが掲載されていて
結構楽しめる内容でしたよ。

さあ、仕事が落ち着いたら秋の夜長に組み立てて遊んでみるかな?
私の持っているマイクロセットの歩度測定器で調整できるかな・・・(^^)

尚、「大人の科学マガジンVol.8」は既に書店店頭からは姿を消してますが、
まだ「amazon.co.jp」なんかで取り寄せられるんじゃないかな・・・。
こちらです⇒「大人の科学マガジンVol.8」
手に入れて遊んでみたい学研世代オヤジの方々、いかがですか?