2006年03月18日

今日のカスタム その15



今日のカスタムはスケルトン化2種です。
以前にCal.321のスケルトンカスタムはご紹介しましたので
今回は現行Cal.1861と古いCal.861のカスタム化です。
同じ基礎ムーヴメントですが、めっきの違いで随分印象が違いますね。

上の画像がが現行のロジウムめっきCal.1861にデッドストックの
「APOLLO XIタイプ」スケルトン裏蓋を装着した物です。
下の画像が1968年の赤金めっきCal.861にイタリア限定モデル補修用の
「Limitedタイプ」スケルトン裏蓋を装着した物です。

いつでも機械の動きを覗けると楽しいですね(^^)
しかしこうして2つのムーヴメントを比べてみると
色の違いはあれ、40年近くほとんど造りが変わっていないのには
改めて驚かされますね。
完成されたムーヴメントなのを再認識させられます(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月17日

今日のカスタム その14



今日のカスタムは白ムーンフェイズ3575.20のサファイア風防を
金リング付きプラ風防にカスタムしたものです。
スピマスファミリーの中では気品のある白ムーンフェイズが
更に気品高く、そして優雅に変貌していますね!

プラ風防に金リングの組み合せは、以前にも書きましたが
文字板全体に金色の反射光を拡散しますので
文字板全体が微妙な色合いに変化するんです。
おそらくプラ風防縁部分の計算されたカーブに拠る物でしょうね。
サファイア風防ではこうはなりません。
サファイアもがんばってドーム形状作っているんですけどね。
工作上の限界かな・・・?

よくプラ風防からキズの付き難いサファイア風防へ交換できないかと
ご質問を受けますが、微妙にサイズが違いますので出来ない様ですね。
無理に挿入するとサファイア風防の縁が掛けてしまうんです。
逆にサファイア風防からプラ風防に交換する今回のカスタムのパターンですが、
これは出来るんですね。
プラ風防を挿入する際にサファイア風防用のパッキンを一緒にはめて、
プラ風防の弾性を利用しながら押し込むことで無理なく交換できるんです。
防水性能も5気圧大丈夫でしたよ(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月16日

今日のカスタム その13



今日のカスタムは限定モデルに更にカスタムを促した物です。

ご覧の様にインダイアルに愛嬌あるスヌーピーがプリントされたモデルを、
更に1st.レプリカ用のステンレスベゼルとシルバーのミラー仕上げアロー針に
換装したスペシャル・スピマスです!
もちろん裏蓋はそのままのスヌーピーのエッチングが入ったグラスバック。
何とゴージャスな仕様でしょうかねー(^^)

世界でひとつだけのマイ・スピマスも良い物ですよ(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月15日

今日のカスタム その12



今日のカスタムはノーマルの黒文字板を派手目にする仕様です。
ミラー仕上げのアロー針セットと金リング付きプラ風防へ換装しています。

以前登場した金リングへ交換したカスタムより
更に派手な印象になっています。
チョイ悪オヤジに似合いそうな雰囲気ですね(^^;

明日からは少しハードなカスタムも紹介していく予定です。
ご期待下さいませm(_ _)m

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月14日

今日のカスタム その11



今日のカスタムは、カスタムというよりレストアですね(^^;
4thモデルの傷んだ文字板と針、ベゼルを補修用に交換しています。
まるで新品に生まれ変わったような4thモデルですね(^^)

40年ほど前の新品販売時もこんな感じでビカビカだったんでしょうね。
この4thモデルもあと数十年すれば、また貫禄充分にやれてくるのかな?

もちろん補修に使ったパーツはOMEGA純正のレストアパーツ。
文字板のΩマークは金色のメタルアプライド仕様。
「Speedmaster」表記もOLDタイプの「S」と「r」に特長のある書体。
違いは6時位置の「SWISS MADE」表記。
当時の文字板はここが「T SWISS MADE T」と表記されてました。
これは現在は使用されていないトリチウムの蛍光インデックスを
使用していた時代の表記なんです。
レストア用文字板のインデックスには現行スピマスプロと同じ
ルミノーバタイプの蓄光インデックスが使用されているので、
「SWISS MADE」表記になっているんですね(^^)
文字板外周いっぱいまで伸びたルミノーバ・インデックスは
現行タイプ同様よく光りますよ(^o^)/
文字板のベースは現行モデル用なので段付き文字板ではありません。

針はもちろん昨日のエントリーでもご紹介した
OLDタイプのセンタークロノグラフ針で固めています。
ベゼルは現行物ですが新品ピカピカですね(^^;

あなたの4thモデルもレストアして生まれ変わらせてみてはいかが?

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!