2006年03月10日

今日のカスタム その7



今日のカスタムは今私の一番のお気に入りで使用頻度一番のスピマスです(^^)
本サイトの「Speedmaster Gallery !」でも登場していますので
既にそちらでご覧になっている方も多いと思います。
これにブレスを1171/1に換装。ブレスもバックルをOLDタイプに変えたり
駒のミラー仕上げ処理をしたりしたスペシャル仕様です(^^)

メインのカスタムは数年前に某百貨店より限定販売されたツートーン文字板に
シルバーのミラー仕上げ針セット。
それに金リング付きのプラ風防とシルバーのミラー仕上げされた
ブロードアロー用ステンレスベゼルを奢っています。

このツートーン文字板、スピマスプロにも色々な仕様の文字板がある中で
もっとも作り込みが良く、ベース色に深みがあるのが特長です。
画像では白っぽく見えますが、実際にはパール系のブライトシルバー。
これに金リングの反射光が加わって独特の色彩を放っています。
さらにブロードアロー用のベゼルのシルバー、シルバー針、
シルバーインデックスと見事にコーディネートされて、
野暮ったさを微塵も感じさせないデザインですね(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月09日

今日のカスタム その6



今日のカスタムはスケルトン化です。
当サイトの「スピマス裏技MISSION;1」でもご紹介していますね。

現行のモデルや少し前のモデルでしたらスケルトン仕様のモデルがありますが、
Cal.321を積んだOLDスピマスにはスケルトン仕様がありませんでした。
美しいCal.321をいつでも見られる様にスケルトン化すると
愛用のOLDスピマスが満足度100%になりますよ!

当時のOMEGAのトレードマークである赤金めっきの機械は
本当に綺麗ですね(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月08日

今日のカスタム その5



今日のカスタムもプチ・カスタム。
カスタムはじめの一歩には絶好のベゼル交換です。
その中でも一番人気なのが画像のパルスメータベゼルなんです。
当ブログでも取り付け時の目盛りの合わせ方「基準点。」や、
「ベゼル百景(六景?)」などで登場していますね。

兎に角目盛り部分が少なく、ノッペリとした黒地のプリント部分が多いので
細かい数字の多いタキメータや他のベゼルとはまったく違う雰囲気になりますね。

ベゼル交換に関しては当方の本サイト中
「スピマス裏技MISSION;3」でご紹介しています。

はめるのに固い場合は手近で入手出来る道具を利用しますが(裏技参照)、
極度に固い場合は専用工具が必要だったり、
ベゼル内面を軽く削ったりするんです。
また、逆にベゼルが緩い場合もあるんです。
個体によって、製造年代によって、微妙にケースのサイズが違っているんですね(^^;
緩い場合にはさてどうするか???
そんな時はベゼルの裏側に薄〜く接着剤を塗るんです。
エポキシ系の乾くと透明になるタイプの接着剤が良いでしょう。
沢山塗る必要はありませんよ。はみ出してしまいますから。
爪楊枝の先などで10〜20点くらいチョイチョイと置くように着けます。
そして接着剤がプラ風防に着かないようにベゼルを装着して
一晩ほど換装させればちょっとやそっとでははずれません。
時計屋さんなどでも緩い場合にはこんな風に対応しているんです。

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月07日

今日のカスタム その4



今日のカスタムはプチ・カスタムです(^^)
ノーマルの黒いテンションリングから、
金色のテンションリング付きプラ風防に交換してみました。
これだけで地味な印象のスピマスプロがパッと華やいだ雰囲気になるんです。
湾曲したプラ風防の縁が文字板全体に金色の反射光を拡散して、
とても優雅な色彩感を醸し出します。
カスタムしたいけどノーマルの黒の文字板も捨て難いッ・・・なんて方には
絶好のプチ・カスタムですね(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月06日

今日のカスタム その3



今日のカスタムも定番中の定番。
イタリア限定モデル用のアイボリー文字板に黒針セットの組み合わせ。
昨日のシルバー文字板+黒針とともに人気の仕様です。

イタリア限定モデルと言えば1997年にオメガ社創立150周年記念として
イタリア国内500本限定で販売されたモデルですね。
ロジウムめっきの促されたCal.1863にスケルトン仕様の裏蓋、
風防はサファイアガラスを使用していました。

この文字板、画像などでは白く見えたりしますが
実際はアイボリーと言うか、乳白色と言うか、
とてもアンニュイな色合いで、黒文字板のスパルタンなスピマスプロの
イメージとは180度印象が変わる仕様なんです。
人気があるのも頷けますね(^^)

現在「スピマス野郎営業部!」でこの仕様の文字板、針揃います。
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」もご覧下さい!