2006年03月13日

今日のカスタム その10



今日のカスタムはこれです。
パッと見てどこがカスタムされているか解った方は
相当ハードなスピマス野郎だと思いますよ(^^)
さてお解りになりますか?

答えは明日に・・・というのは冗談で、
正解はセンターのクロノグラフ針がOLDタイプになっているんです。
この針の特長は先の菱形マーカーは現行とほぼ同じですが、
針の胴がストレートで、尻尾が丸〜くなっているんです。
このタイプが使用されていたのは1960年代のみ。
2ndモデル後期から3rd、4thモデル、そして1968年の5th最初期までなんです。
長短針のストレート針にとても良くマッチするので
あえて現行物にこれを入れました。
決まってるでしょ(^o^)/

もちろん3rdや4thモデルで現行タイプのセンタークロノグラフ針に
交換されている個体や、針がボロボロの個体は、
このOLDタイプに交換すればバッチリですね(^^)

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月12日

今日のカスタム その9



今日のカスタムはスピマス・マーク2です。
通常タキメータのプリントガラスですが、
今回はテレメータプリントの風防ガラスにカスタムしたマーク2をご紹介。

スピマスプロではベゼルに機能メータがプリントされていますが、
マーク2ではガラスの内側に機能メータがプリントされているんです。
ですからタキメータから他の特殊機能メータにカスタムする場合には、
そのプリントが促された風防ガラスごと交換するんですね(^^)

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月11日

今日のカスタム その8



今日のカスタムはノーマルのスピマスプロを1st.レプリカモデル化です。
ステンレスベゼルとアロー針に換装しています。

現行モデルや本家1st.レプリカモデルに比べて文字板ベース色が濃い
少し前の製造の漆黒文字板モデル(3590.50)に換装していますので
本家1st.レプリカモデルより全体にくっきりした印象ですね。
「PRPFESSIONAL」表記ありの1st.レプ・カスタムもありかなっと思える
出来ですね(^^) 渋いです(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月10日

今日のカスタム その7



今日のカスタムは今私の一番のお気に入りで使用頻度一番のスピマスです(^^)
本サイトの「Speedmaster Gallery !」でも登場していますので
既にそちらでご覧になっている方も多いと思います。
これにブレスを1171/1に換装。ブレスもバックルをOLDタイプに変えたり
駒のミラー仕上げ処理をしたりしたスペシャル仕様です(^^)

メインのカスタムは数年前に某百貨店より限定販売されたツートーン文字板に
シルバーのミラー仕上げ針セット。
それに金リング付きのプラ風防とシルバーのミラー仕上げされた
ブロードアロー用ステンレスベゼルを奢っています。

このツートーン文字板、スピマスプロにも色々な仕様の文字板がある中で
もっとも作り込みが良く、ベース色に深みがあるのが特長です。
画像では白っぽく見えますが、実際にはパール系のブライトシルバー。
これに金リングの反射光が加わって独特の色彩を放っています。
さらにブロードアロー用のベゼルのシルバー、シルバー針、
シルバーインデックスと見事にコーディネートされて、
野暮ったさを微塵も感じさせないデザインですね(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!

2006年03月09日

今日のカスタム その6



今日のカスタムはスケルトン化です。
当サイトの「スピマス裏技MISSION;1」でもご紹介していますね。

現行のモデルや少し前のモデルでしたらスケルトン仕様のモデルがありますが、
Cal.321を積んだOLDスピマスにはスケルトン仕様がありませんでした。
美しいCal.321をいつでも見られる様にスケルトン化すると
愛用のOLDスピマスが満足度100%になりますよ!

当時のOMEGAのトレードマークである赤金めっきの機械は
本当に綺麗ですね(^o^)/

「スピマス野郎営業部!」でカスタムパーツ販売中!
在庫切れの際はお取り寄せも可能ですので、こちらまでご相談下さい。
どうぞ「スピマス野郎営業部!」をご覧下さい!